結婚相談所を利用して14日で3人の彼女を作る非道徳な方法を暴露

kekkonsd

>>公開は終了しました<<

結婚相談所の一般的な利用イメージとしては、付き合いたい異性の希望を聞いて、条件に
マッチングした候補者リストを作成した上で、付き合いたい人を選び合うといったところ
でしょうか。

間に結婚相談所が入って、「お断り」や「お付き合い」を管理していくといったケースが
ほとんどです。

お見合いなどというと、お互いに一人づつといったイメージがつきものですが、現代では
効率よく相手を探したいということで、同時進行で複数の異性と出会うケースも増加して
います。

最終的には一人の女性と付き合うか、全てを断る・断られる結果になりますが、付き合い
始める時点では、いろいろな女性と出会って感触を確かめることも珍しくありません。

武田龍二さんは結婚相談所を有効活用することによって、2週間以内に恋人を3人作れると
いう手法
を見つけることに成功しました。

しかし、この手法は違法ではないとしても非道徳的なきらいがあるために、積極的に推奨
するのはためらわれるとしても、効果の高さのために公開することを決めたといいます。

結婚相談所といっても書類やパソコン片手にマッチングをしているだけではありません。
婚活パーティーや出会い系パーティーのようなイベントパーティーを開催していることは
意外に知られていないのではないでしょうか。

一般的には、結婚相手というよりも「人脈拡大」「セフレ探し」といったイメージが強い
パーティーですが、結婚相談所が主催しているだけあって、女あさりの男性は排除されて
いたり、結婚相談所の登録者のみが参加できるといった制限が設けられています。

このため、男女ともに通常のパーティーでは見かけないような高レベルの女性も参加して
いることが多いのです。

この結婚相談所主催の婚活パーティーで「女あさり」をすればいいというのが、武田龍二
さんが提唱する「非道徳的」な彼女探しの手法です。

このページの先頭へ