離婚調停まで行かずに交渉だけで相手が離婚に応じる方法を暴露

rikon

appli02_yellow

自分は離婚したいと思っているが、相手が別れたくないと言って揉めているといったケースは
珍しくありません。

あなたに別の恋人がいるから、今のパートナーとさっさと別れたいと考えているのか、あまり
にも問題行動を起こしすぎるので「返品」したくて離婚を切り出すのか、理由は人それぞれと
思いますが、思い通りに離婚交渉が進まないケースも多いものです。

離婚条件で揉める場合であれば、互いとも別れたいと思っている分だけ、条件闘争で妥協点が
見つかれば離婚が成立するわけですが、「別れたい」と「別れたくない」という正反対の男女
が交渉したところで合意をするのは難しいものです。

裁判所に行って離婚調停を始めたいと思っても、相手が別れたくないと言っていると調停不調
で離婚裁判になるまで相当な時間が費やされますし、離婚裁判になっても離婚できるかどうか
分からないケースも珍しくありません。

離婚裁判まで行った結果、離婚できなかったというケースも現実にありますから、その後の事
を考えると、それこそ、相手を殺してでも関係を終わらせたいと考えたくなる(考えるだけで
終わらせてくださいよ)時もあるかもしれません。

それこそ「凄腕」の弁護士に頼めば、無理矢理にでも理由をでっち上げてでも離婚できますが
親族や近所のワイドショーネタにされたくないという気持ちがあるため、大事にしたくないの
ではないでしょうか。

当事者間ではどうしようもなくなった時点で、弁護士に離婚交渉から裁判所での手続きを依頼
するケースも多いのですが、条件面であなたにとって不利になるケースが多いようです。

そこで、元司法書士でプロ心理カウンセラーの桑島隆二さんが、当事者間の離婚交渉の段階で
離婚成立させる方法をマニュアルにまとめました。

【詳しくはこちらをクリック】

このページの先頭へ