【恋愛メール大百科】口下手でも女性を惚れさせられる方法

appli02_yellow

メールを使ったコミュニケーションが一般化していることから、狙った女性
を落とすのにも効果的だと指摘をするのは、恋愛コンサルタントの相沢蓮也
さんです。

パーティーや合コン、ナンパなどで出会った女性と連絡先交換をすることは
珍しくもありませんが、その際に無意味なメールのやり取りをして自滅して
いるケースが非常に多いと指摘します。

適切な戦略にのっとってメールのやり取りをすれば、会話では口説き落とす
のが苦手な口下手な人でも狙った女性を落とせるようになりますし、メール
だけに限らずに、会話やSNSなどを組み合わせることで成功率をさらに引き
上げることが可能になります。

メールしか使ってはいけないという決まりはありませんので、タイミングに
よっては相手からメールが来ても無視しておいて、電話が来るのを待つなど
といった駆け引きも非常に効果的です。

食わず嫌いではありませんが、メールは不要などと勝手に決めつけて、他の
方法やテクニックばかりを探し求めるのは片手落ち
だとしか言いようがあり
ません。

女性を落とすために、メールを有効活用するためには、いくつかのルールを
身につける必要がある
と相沢さんは指摘します。

これらのルールを身につければ、それこそ、スマホや携帯電話で女性を操る
感覚
が味わえるようになるかもしれませんね。

このメール活用法をまとめたマニュアルが「恋愛メール大百科」です。
以下の3段階のステップでレベルアップしていきます。

  • 最初にメール術の基礎理論を学ぶ
  • 応用編として状況別のやり方を学ぶ
  • 他人の具体例で経験値を積む

この手のメールマニュアルの多くは理論的な説明とオマケ扱いの数個の実例
しか書かれていませんので、ケーススタディが不十分であり、短期間で一気
に経験値を増やすことが出来ません。

一部の優秀な人は理論を学んだだけで実用レベルまで応用できるのに対して
一般人は多くの実例を学ぶことで、組み合わせて応用できるようになるわけ
ですから、ケーススタディが少なければ意味が無い
のです。

恋愛メール大百科では40種類の事例と豊富に用意していますので、あなたも
無理なく上達できます。

【詳しくはこちらをクリック】

このページの先頭へ