【31周期で彼女をモノにする法】統計心理学とバイオリズムが恋愛テクより重要

bio-tech

>>公開は終了しました<<

女性を落とすためには恋愛スキルを高めることが重要だと考えがちですが、ついつい見落とし
がちな要素が「」です。

運というのは自分ではコントロールしようがないから、考えるだけ時間の無駄だと思っている
かもしれませんし、実力があれば運など関係ないといった考えかもしれません。

しかし、連戦連勝の恋愛マスターだったとしても、必ずしも成功率が100%ではないように、
幸運・不運に左右されることがあるのです。

認定心理カウンセラーの脇田尚揮さんは、6000人以上のデータから分析した結果、運・不運
とバイオリズムの間には大きな相関関係が見られることがわかった
といいます。

あなたが好きな女性に告白するとした場合に、全く同じように告白をしても日によって成否が
変わってしまうのです。

どれだったら、成功する確率が高い日を選んで告白したいのではありませんか?

バイオリズムは1周期を1週間として、31周期に分類することができると脇田さんは言います。

その周期ごとに最適な行動は変わってきますので、動くべき時期と動いてはいけない時期とは
明確に区別できるのです。

その具体的な調べ方や方法を、脇田さんは「31周期で彼女をモノにする法」というマニュアル
にまとめました。

もちろん、タイミングだけを合わせたところで、まともに告白することも出来ないような強度
のあがり症だったり、ムード作りが劇的に下手糞では意味がありません。

やはり、恋愛テクニックも必要ですから「31周期で彼女をモノにする法」のなかのノウハウを
参考にするなり、他の恋愛マニュアルを活用すれば効果的です。

このページの先頭へ