【女性「恋愛感情教育プログラム」】「運命の人」だと錯覚させる振る舞い

loveedu

>>公開は終了しました<<

悪い癖を改善するのは難しい
という話を聞いたことはありませんか?

あなたも経験したことがあるかもしれませんね。
止めたいのにやめられない事というのは誰しも幾つも持ちあわせているものです。

この心理的な効果を有効活用することで、「強い絆で結ばれた恋愛関係」を女性の側から構築
させることが可能
だと指摘するのは、恋愛アドバイザーで復縁サポートが得意という加藤稔琉
さんです。

つまり、女性自身が自らの意思で男性を好きになって自然と付き合う選択をして付き合ったと
思わせることによって、「強い絆で結ばれた恋愛関係」が構築できたと女性が自ら考えるよう
になるわけですが、あなたが浮気がちなダメ男(失礼!)だったとしても「運命の人」だから
とあなたに依存し続けるようになるわけです。

重要なのは、あなたが彼女に対して「運命の女性」だと思っていなくても成り立つ点です。

それこそ、数多くいる性奴隷の一人といった扱いでも構いませんし、ヒモやジゴロであっても
成立するというのが恐ろしい点だと言えるでしょう。
もちろん、一生いっしょにいたい伴侶であっても全く問題ありません。

要するに、あなたが相手の女性に対して恋愛感情があろうが無かろうが全く関係ないという話
なのです。

このような女性を作りたければ、ある一定期間「演じること」が必要だと加藤さんは言います。

なお、「演技」と言っても、俳優や劇団員などになる必要はありません。
女性の方から、あなたに恋愛感情を持たせるような「コミュニケーションの取り方」を行えば
いい
というだけの話です。

といっても、具体的に何をすればいいのか全く分からないのではないかと思います。

一言で言えば、カウンセラーやアドバイザーのような振る舞いをすればいいという答えになり
ますが、職業カウンセラーやアドバイザーであればまだしも、人から相談されたことさえない
というのであれば、何をすればいいのか全く見当もつかないのではないでしょうか?

そこで、加藤さんが、女性「恋愛感情教育プログラム」という教材を作成しました。

付属の音声ファイルにしたがってカウンセラーっぽく、アドバイザーっぽく、女性を前にして
演じるだけです。

女性を口説き落としたり、下手に出てへりくだるようなことは一切必要ありません。
あくまでも、カウンセラーやアドバイザーという「強い立場」で女性に対すればいいのです。

このページの先頭へ