【GIRL HUNT】どんな男性でもやりたい女性最低30人とセックスできる!

g-hunt

>>公開は終了しました<<

一人を落とすだけでも相当な苦労が必要なのに、30人なんて無理
だと思っていませんか?

それは「女性に対してあなたが間違った認識を持っていることが原因である」と指摘をするのは
恋愛マスターの森田優也さんです。

しかし、女性に対する認識を変えた程度でモテるようになれたら苦労する必要はないのであって
今まで何をしてもダメだったわけですから、信ぴょう性が全くないのも無理の無い話です。

さて、あなたは女性に対して、どのようなイメージを持っていますか?

「女性」と一口に言っても、年代的にみても赤ちゃんから高齢者まで幅広いですし、あなた好み
の女性から、顔を見るのも嫌だという女性まで人によって大きく変わると思います。

しかし、たとえセックスレスやレズビアンであっても、絶対に男性とは一切のセックスをしない
というわけではなく、バイセク的なセックスをすることもあるわけですし、セックス自体に全く
興味や関心を持たない女性はゼロではありませんが、極めて少数派
です。

女性が受けるセックスの快楽というのは男性の10倍以上と言われていますから、オナニーをする
回数は男性と比べて全体的に少ないとしても、全くオナニーもしないという人も極めて少数派と
言えます。

このような「みだらな現実」をわかっていない男性が多いと森田さんは言います。

とはいえ、仮に女性がセックスしたいという気持ちになったとしても、その対象があなたになる
かどうかは別問題
だと思いませんか?

もっと格好いい男に抱かれたいとか、あなたに抱かれるぐらいだったらオナニーでイッたほうが
満足できるといった具合に悲しい状況かもしれませんね。

このような悲惨な状況にならないようにするためには、以下の2つの事を知っておく必要がある
と森田さんは強調します。

  • 女性の深層心理
  • 共通したモテパターン

食べ物で例えると、カレーというのは何にでも合うと思いがちですが、西瓜には合わないことは
言うまでもないでしょう。

カレーの本来の用途をしっかりと把握できていないと、すいかにカレーをかけるといったことも
平気でやりかねません。

また、カレーの作り方をマスターしていれば、具材が多少変わったところで、同じ手順で作って
味もそれなりのものが仕上がります。

女性相手に落とす場合でも、カレーと同じようにすればいいわけです。

このページの先頭へ