【離婚調停成功マニュアル】法律任せでは解決しないどころか最悪の結果に!

rikonml

appli02_yellow

離婚調停での調停員は、裁判官のような法律の専門家ではなく、まったくの素人であることも
珍しくありません。

このため、両者を平等に見るのではなく、偏った見方をして一方的に肩入れする場合も数多く
ありますし、でっち上げの「証拠」を調停員が信じたり、地方であれば、有力者の口先介入に
よって、結果がいくらでも変わってくる場合もあるそうです。

もちろん、離婚調停を不調にして離婚裁判に移行する事も可能ですが、互いに相手の問題点を
あげつらうといった事に慣れていないと、どうしても苦痛に感じる
のではないでしょうか。

離婚調停や離婚裁判で自らを貶め続けられる状況に我慢できなくなってしまい、自らが不利な
条件でもいいので今すぐ終わらせたいという気持ちになるケースが数多く存在します。

こういった泥沼の状況に陥る前に、調停員を味方につけて有利な形で離婚調停で決着を付けた
ほうがいいとアドバイスをするのは、離婚専門コンサルタントの澁川良幸さんです。

離婚裁判では法律に従い裁判官が判決を出しますから、法律的に自らの正当性を説明するべく
弁護士の手助けが必要になる場合が一般的ですが、離婚調停の場合は法律よりも感情のほうが
優先することも珍しくない
と澁川さんは言います。

その結果、離婚を得意分野にしている弁護士であれば離婚調停であっても、法律の枠の外での
解決策を豊富に知っていたり、過去の経験から最善の結論を出せるかもしれませんが、多くの
場合は期待はずれな結果に終わります。

あなたが離婚分野を得意とする弁護士を知っていれば、離婚調停から離婚裁判になった時まで
の対応をお願いするのも一つの方法ですが、あなた自身で行ったほうがスピーディーに対応が
出来る場合も少なくありません。

そのために欠かせない知識とノウハウを「離婚調停成功マニュアル」で学びましょう。
離婚調停成功マニュアルには、15000名以上の実績が反映されています。

【詳しくはこちらをクリック】

このページの先頭へ