【京大式風俗パネル指名のテクニック】8年間300回の実践から生まれた法則

kyaku-hk

>>公開は終了しました<<

風俗店では風俗嬢の一覧表が置いてあって、過去に指名して気に入った風俗嬢がいなかったり
気分を変えたいというのであれば、店員のアドバイスを聞いたり、その中から指定することが
一般的です。

あなたは、パネル指名した風俗嬢でどれだけ満足できていますか?
百発百中という人もいれば、ハズレくじばかりで嫌になっているかもしれませんね。

あなたがパネル指名で何度も失敗しているのであれば、判断基準が根本的に間違っているので
今すぐ見なおしたほうがいい
と指摘するのは、実名は出せないという元京大生の匿名希望さん
です。

他人に文句をいうのに匿名でコソコソいうのは2ちゃんねらーだけで十分と言いたくなるかも
しれませんが、私が調べてもわからないものは仕方がありませんので、文句はこの元京大生に
存分に言ってあげて下さい。(笑)

話を戻しますと、あなたは風俗店ではハズレを引きたいとは思わないわけです。

あまのじゃくなので、自らハズレを引きに行きたいと思っている人もいるかもしれませんが、
こんなサイトまで見に来ることはないでしょうから無視します。

しかし、現実にはハズレくじとしか思えない風俗嬢はいるわけですから何とかして回避したい
と思っているでしょう。

そこで、この匿名希望の元京大生が300回以上の風俗通いから見つけ出した「法則」がある
いったら、あなたは興味を感じるのではありませんか?

勉強もせずに風俗通いなんてけしからん!
といった批判はするだけヤボですから、今はやめておきますよ。

この法則というのは仕組みは単純で、あなた好みでない風俗嬢を選択肢から外していくことで
消去法であなた好みの風俗嬢だけを絞り込んでいく
わけです。

京大式風俗パネル指名のテクニック」では、具体的にハズレパターンがいくつも明記されて
いますから、少し覚えてチェックボックスに当てはまる風俗嬢を外していけばいいのです。

消去法で減らしていった結果、一人も残らない場合もあるとは思いますが、店を変えればいい
というわけです。

せっかく風俗店を選んだのだから、その店の中で決めてしまいたいという人間心理があります
が、その罠から抜けださなければハズレくじから逃れることはできません。

このページの先頭へ