【東大生が書いた優しいナンパのフローチャート】9割以上は同じ流れ!

todainan

>>公開は終了しました<<

ハーバードナンパスクールの佐藤エイチさんは2011年12月に東京大学でナンパの講演会を
したそうですが、その時の受講生の一人が「東大生ナンパ師R」として異常なほどに成長を
したといいます。

それこそ、童貞がいきなりプロナンパ師に生まれ変わったようなものですから、考えただけ
でも恐ろしい限りですが、「地頭が良い」ということはこういうことを言うのでしょうか?

その東大ナンパ師Rさんは一度学んだだけで全ての事を覚えてしまうだけでなく、短時間で
自ら実践することができるほどの理解力と実践力の高さを持っているというのは、さすがと
いうべきなのか、才能の無駄遣いというべきなのかはわかりませんが、分析力の高さも持ち
あわせていました。

ナンパのシチュエーションというのは9割ほどは以下の4パターンに集約できるといいます。

  • 待ち合わせ中
  • 帰宅中
  • 通勤・通学中
  • 買い物中

それぞれのシチュエーションで行われるナンパトークも似たり寄ったりの内容で、それこそ
細かな違いはあったとしても、大筋ではワンパターンな場合も珍しくありません。

そこで、ナンパをしてからホテルでセックスするまでの流れを、ナンパ未経験者や童貞でも
自信を持って実践できるように東大ナンパ師Rさんがマニュアルにまとめました。

それが「東大生が書いた優しいナンパのフローチャート」です。
童貞でも1ヶ月以内に脱童貞できるというRさんの自信作です。

システムエンジニアやプログラマーであれば、フローチャートという言葉を聞いただけでも
仕事中のトラウマを思い出して吐き気を催すかもしれませんが、作業や操作の手順や流れを
説明したものであって読解力がなくても簡単に理解できる
のが特徴です。

このページの先頭へ