【悪徳商法やホストで使われている裏技デート術】デート1回で音信不通になるのは終わり!

nextdate

appli02_yellow

多くの人が勘違いしているのですが、悪徳営業というのは無価値なものであったり、価格に
見合った価値の無いものを売るからこそ悪徳であって、売り方自体が問題だというわけでは
ありません。

例えば、デート商法を例に取ると、擬似的な恋愛関係を構築しながら、お金を巻き上げたり
無価値なものを色々な言い訳をして高値で買わせようとするのが問題なわけです。

これとは別に、相手が必要だと思うものを市場価格で渡せば、好きでもない相手と付き合う
という倫理的な問題はあるにしても、適切な商品を適正価格で渡しているわけですから犯罪
行為にはあたりません。

しかし、そこまでして手間を掛ける必要がありませんし、「悪徳商法=犯罪」という誤解を
する人が大半ですから、悪徳商法を使って普通の商品を売るような愚かな事をする人は一人
もいません。

キャバ嬢や風俗嬢が行う「色恋営業」も似たり寄ったりのグレーゾーンと言えますが、商売
として成り立っているのは互いの合意の上での契約という一面があるからです。

さて、この悪徳商法の手法を活用してデートを攻略しようというのが「悪徳商法やホストで
使われている裏技デート術
」という、そのままのタイトルのマニュアルです。

今までに初デートにまでこぎつけたのはいいけれど、その後はデートに誘っても断られたり
音信不通になって連絡さえ取れないといった経験をしたことはありませんか?

元ホストで訪問販売で宝石を売っていた経験があるという政木賢治さんはデート商法などの
悪徳商法を駆使して女性に高値の宝石を売りつけてきたといいますが、最初から成功したと
いうのではなく、初デートで音信不通になるという失敗を山のように重ねたといいます。

その後、営業「スキル」を高めた結果、立派(?)な悪徳商人になれたそうですが、会社が
倒産したので自動的に失業してしまい、ハローワークに通うのも馬鹿馬鹿しいということで
大阪の歓楽街「宗右衛門町」でホストになり、常にナンバーワンをキープしたそうです。

【詳しくはこちらをクリック】

このページの先頭へ