【Love psychologyプログラム】「いきなりフラれる」結果にならないために!

lovepsh

appli02_yellow

恋愛テクニックの大半は「付き合う」ことをゴールとしていますから、うまく付き合えたと
しても、その後の「不都合な真実」を経験した後に後悔するケースは少なくありません。

付き合い始めてから数ヶ月以内に「別れ」を告げられるケースが実に多いのです。

諦めきれないと、復縁だ、復活愛だといった具合にバタバタするのではないでしょうか?

しかし、完全に相思相愛になったこともなく、相手が完全に愛想を尽かした状態で復縁する
というのは不可能に近い話であって、ほとんど成功しません。

別れてから騒ぐのではなく、付き合っている段階から別れる兆候を先に見つけ出して潰して
おく必要がある
のです。

といっても、恋愛経験が少ないと「別れの兆候」を見つけ出すのは難しいでしょう。

あなた自身が大好きな彼女と付き合い始めたということだけで興奮してしまって、まわりが
全くと言っていいほどに見えなくなることが珍しくありませんから、過去に手痛い失敗経験
でもなければ、気づかないほうが自然だとさえ言えます。

しかし、一見すると女性のほうが恋愛の熱に浮かされる傾向があるように思えて、実際には
意外なほど冷静に相手の男性を見定めているものですから、実技試験のように減点ポイント
を常にカウントし、許容範囲を超えれば別れるといった冷酷な一面も持ちあわせています。

男性は付き合う事が「ゴール」だと考えているのに対して、女性は「スタート」だと指摘を
するのは、オンナゴコロ研究教室「sara塾」を主宰するsaraさんです。

この男女の「歪み」に着目して、せっかく付き合い始めた彼女と破局することなく、恋愛を
深めていくためのノウハウをsaraさんが「Love psychologyプログラム」にまとめました。

【詳しくはこちらをクリック】

このページの先頭へ