【氷の世界】自分自身を強化しないと「モテる」男になるのは絶望的

iceworld

appli02_yellow

冬場に見ると寒くて仕方がありませんが、夏場だと涼しさを感じて心地よい気分になれるのが
」です。

人によっては頭痛に悩まされるかもしれませんが、かき氷を真夏に食べるのは最高ですね。

実物の氷でも季節によって印象が変わるように、人間の感情が氷のように硬く固まっていたと
しても、必ずしも冷酷で卑劣といった人格であるとは限りません。

人間関係に疲れ果てた挙句に、もはや反応を示すことさえ面倒くさくなったり、感心を失って
氷のように感情が固まってしまうといったケースも有るのです。

女性にモテたいと思って努力をしても、すべてが失敗に終わって絶望感を感じた経験があれば
あなたも「氷の感情の世界」を実感できるのではないでしょうか。

松岡修造氏のような励ましは特にうざくて仕方がないと思うでしょう。

しかし、このような「氷の世界」に陥っている男性の大半が自分の内面に大きな問題を抱えて
いる
からだと指摘をするのは恋愛コンサルタントの楓涼さんです。

さらに、その内面に問題を抱えているということに自ら気づかないという点が状況を更に悪化
させるだけでなく、砂地獄のように出口のないスパイラルに陥る原因になるわけです。

その結果、小手先の恋愛テクニックや心理操作を行って女性に好かれようとしても肝心の自分
自身の感情が全く改善されなければ出会いを作るだけでも相当な困難が伴いますし、男女関係
が続くこともありません。

人間というものは、自分にだけ集中していると「最も脆い状態」になるからです。

【詳しくはこちらをクリック】

このページの先頭へ