【TRANS CONTROL】「なんとなくうまくいった」では中長期的には意味が無い

tcontrol

appli02_yellow

「好きになる」と「好きにさせる」とでは何が違うのでしょうか?

日本語が違う、はい論破
といった揚げ足取りは必要ありませんが、「日本語が違う」ということ自体は重要なポイント
ですから考えてみてください。

「好きになる」というのは、あなたが好きになったというだけの話であって、相手の女性から
すれば、あなたのことが大嫌いでストーカーのように近づいてくるのが鬱陶しいと思っている
かもしれません。

要するに相手の感情はわからない状態からスタートするわけですから、運良くあなたのことが
好きであれば相思相愛になるのは時間の問題だとしても、相手があなたに対して特にイメージ
を持っていなかったり、マイナスの感情を持っていたりすると非常に厄介です。

その一方、「好きにさせる」というのは、このようなゼロやマイナス感情ではなく、プラスの
感情を抱いた状態であなたに接してくるわけですから全く正反対の状況だと言えます。

あなたが好きになった女性を「好きにさせる」のは骨が折れる作業ですし、必ずしも成功する
とは限りませんが、モテ男たちのまわりには女性が集まるというのには理由があるのです。

洗脳や催眠、心理誘導などと言った行為を行って「好きにさせる」よう仕向けていたのです。

しかし、心理誘導などを用いるのは悪いことだと言ったイメージを持っていませんか?
人を自由自在に操るというと、なにか嫌な印象しか受けないかもしれません。

洗脳やマインドコントロールと言ったら、何か無理に惚れさせた挙句、さんざん貢がせて使い
捨てにするといったイメージがついているからではないかと思いますが、普通に「一目惚れ」
や「恋愛感情」を抱くのも一種の心理誘導だという点は見落とされがちです。

いずれにしても、使い方次第で破滅的な結果を迎えることになりますし、幸せなカップルにも
なれるというのは事実です。

【詳しくはこちらをクリック】

このページの先頭へ