【ラブアピールノウハウ】セックスが愛情表現という発想が通用しない人がいる

lan

appli02_yellow

レディースコミックだけでなく少女向けコミックでも、当たり前のように恋愛表現の一環と
してセックスシーンが登場しますし、「出来婚」ならぬ「授かり婚」などという言葉にある
ように、結婚より妊娠の方が先でも問題無いという風潮が一般的になっています。

昭和までであれば「出来婚」などは完全に色眼鏡で見られる光景ですが、今では結婚を認め
させるための武器として使われることも珍しくありません。

しかし、このような現代的な風潮が通用しない「古臭い家族」というのも存在します。

赤の他人であれば時代遅れの遺物などとしてバッシングするのは自由ですが、あなたの恋人
の一家が「古臭い家族」だったりすると大変ではありませんか?

婚前交渉なんて許しません
などと、将来の姑さんが口出ししてくるような家庭なんて嫌だというのであれば、さっさと
別れてしまえばいいわけですが、好きなので別れたくないけど古風な考え方に辟易している
というケースもあるでしょう。

セックス一つをとってもこんな状況であれば、他のことでも「お察しください」となるのは
当然のことですから、よくよく考えなおしたほうがいいかもしれません。

しかし、このような「古臭い家族」とは全く関係がなくても、婚前交渉を拒否したことで、
交際期間を大幅に短縮させてプロポーズされることができた
という事例には興味を感じるの
ではないでしょうか。

これに関しては賛否両論わかれると思いますが、あなたは恋人だと思って付き合っていても
相手からは単なるセフレ扱いで、飽きたのでヤリ捨てされるといったケースも少なくなく、
万が一でも妊娠してしまうと、その後の人生が大変なことになります。

出産を決意するにしても育児や金銭面の悩みがつきまといますし、子連れで結婚してくれる
相手を探すとなると更に大変でしょう。

もちろん、セックスだけでもエイズや性病の感染リスクがあることは忘れてはいけません。
セフレ相手に血液検査なんか行いませんから、男の方は本能のままに犯し続けるでしょう。

【詳しくはこちらをクリック】

このページの先頭へ