【女性店員の口説き方】ショップに通い詰めるだけでは意味が無い

tenin

appli02_yellow

気になる女性店員を見つけたとして、その女性と付き合いたいと思ったら、あなたはどのような
行動をおこしますか?

今どき見かけないような古臭いドラマであれば、毎日のように女性店員が勤めているショップに
通って顔を覚えてもらったり、常連になって会話をして接近するといった流れになるのではない
かと思います。

しかし、それこそ膨大な時間を無駄にしていますし、相手に気がなければ終わります。
彼女には付き合っている彼氏がいたら、尚更あなたに興味を抱かないでしょうし、ストーカーと
疑われてしまうのがオチでしょう。

そうそうドラマの中の世界のように、いつの間にか相思相愛になっているなどと都合のいい事が
起こるわけがありません。

かといって、いきなり女性店員を口説き出すというのも難しいものです。

やっていることはナンパと同じですから、成功できる確率は低い上に、一発勝負ですから失敗を
してもリベンジできる機会はないといったほうがいいでしょう。

恋愛プロデューサーの出水聡さんは、女性店員を口説くのに、そもそもの基本である「店員」と
「お客」という立場を最大限に利用しないのはモッタイナイ
と説明します。

「お客様は神様」という言葉が誤って広まった影響もあるでしょうが、特に接客業において絶対
的ともいえる「上下関係」を活用しないのは、オウンゴールにも近い行為だと言えるでしょう。

お客さんという立場でトークを続けていれば、普通にナンパをしているよりも主導的に会話する
ことができますし、無意識のうちに連会感情を植え付けていくことができるのです。

いきなり恋愛関係を持ち込もうとするから、失敗した後は何もできなくなるのであって、十分に
事前準備を「店員と客」という関係の時に行っておけば、ほぼ失敗知らずの告白が可能になる

いうことを忘れてはいけません。

【詳しくはこちらをクリック】

このページの先頭へ