【レディキラーメール】思い通りに女性の感情を操作できるメールテクニック

ladymail

>>公開は終了しました<<

メールの時代は終わった
今はLINEでコミュンケーションだ

という人が増えていますが、メッセージをチェックしたかどうかまで監視されるLINEに疲れて
しまう人も少なくなく、メールのほうが都合がいいという人も増えています。

特に、スマホなどでLINEを常時見ている時間的な余裕がない社会人や多忙な学生にとっては、
既読チェックのないメールのほうが無用なトラブルを防ぐためにも好都合なのです。

さて、パーティーやナンパなどで出会った女性にメールを送っても、相手から返信が来ないと
いった経験をしたことはありませんか?

一度だけであれば不着や通信障害、スパムメールに誤って入ってしまったといった理由が考え
られますが、何度送っても返事が来ないのであれば嫌われたと考えるほうが自然でしょう。

その理由として、恋愛コンサルタントの瀬名晴太さんは
「自己満足のメール」
を送っているからだと指摘します。

相手の女性がメールを受け取って、どのような気持ちになるのかを考えることなく、あなたの
欲望に任せるがままにメールを送り続けたところで結果は自ずから明らかでしょう。

極論すれば、ヤりたいからヤるというのと同じです。
相手の女性からすれば、とてもじゃないですがたまったものではないでしょう。

そこで、同じメールを送るのであれば、自分の本能のままに書くのではなく女性の感情を動か
して操作できるような文面にしたほうが、結局は有利なわけ
です。

とはいえ、どのような文面のメールを送ればいいのか全く想像もつかないといったところだと
思います。

そこで役立つのが「レディキラーメール」です。

このページの先頭へ